読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やいとStation

鍼灸師の勉強会、イベントなどを企画しています。 鍼灸をやりたい人集まれー

コースについて②

はりコース、きゅうコースと言われても何をするのかよくわからないと思うのでザックリですが紹介をば

 

はりコースは、名前でよく勘違いされるのですが、お灸もします。

メイン講師の上田泰生先生は大師はり灸療院で勤務されていたので、そこでやっていた大人の治療(大師はり灸療院は小児鍼で有名です)の考え方で指導されます。

筋肉層やさらに浅い層の皮膚の状態を観察して治療を行う反応点(押さえた時に患者さんが痛みや違和感を強く感じる場所など)治療になります。

基本的に心地よい刺激をよしとする治療法です。そのためにゴウ鍼、お灸、三稜鍼の三種類の刺激を細かく使い分けて治療に当たります。他の治療もそうですが、慣れるまでは使い分けに頭を使うかなと思います。

 

きゅうコースは、その名の通りお灸で治療する技術を学びます。基本は透熱灸です。

メイン講師の福島哲也先生は、深谷灸法という透熱灸メインの治療法で指導されます。

お灸、特に透熱灸の指導をする学校も減って(ほとんど無い?)教科書的には知っているけどやったことが無い先生方もいるかもしれません。特効穴を重点に取り可能な限り取るつぼを減らしその代わりにしっかりお灸の熱を入れる。ある意味、お灸の技術が問われる治療法になります。しかし、しっかり熱の入るお灸は気持ちの良いものです。

ぜひ、普段の治療にお灸の熱の気持ちよさを取り入れていただきたいと思っています。

 

両コース特徴はありますが、手の感覚による判別経験による直感はとても大事にしています。

手の感覚も人を触らないと育ちません。

経験も失敗と成功の繰り返しで育ちます。

いかがですか?